住宅買い替えの基礎知識|エース・インテリア
ホーム > 住宅買い替えの基礎知識|エース・インテリア

住宅買い替えの基礎知識|エース・インテリア

住宅買い替えの基礎知識

住宅買い替えとリフォーム、どっちがお得なのでしょうか。
家が古くなってきてリフォームが必要になってくると、住宅買い替えを検討する方もいるかと思います。
こちらで、住宅買い替えに役立つ基礎知識をご紹介したいと思います。

現在の家は売れるのか

住宅買い替えを検討する際には、「現在の住宅は売れるのか?」「売却金額はいくらなのか?」を考える必要があります。住宅ローンを返し終えていない場合、現在の住宅が、住宅ローン残高より高い金額で売却しなければなりません。
売却金額よりも、ローン残高が高い場合は、預貯金を返済に充てるか、買い替えローンを組み直すかを選択しなければなりません。買い替えローンを組む場合、何歳までに支払いを完済できるかなどを明確に調べる必要があります。
ですから、初めに住宅の売却査定することをおすすめ致します。
査定は、一つの不動産ではなく、複数の不動産に依頼すると良いでしょう。

売るのが先?買うのが先?

住宅買い替え

買い替え先の住宅を購入する場合は、購入時と同様、頭金が必要となってきます。
ですから、住宅ローンの頭金を確保しておくようにしましょう。
現在の住宅ローンも完済し、頭金の確保もでき、住宅買い替えの準備が整ったら、まずは現在の住宅を売るのが先なのか、新住宅を購入するのが先なのかを考えます。

即売却、即購入が理想なのですが、現実はそうはいきません。
新住居を決めても、家の状態によっては、数ヶ月先にしか住めない場合もあります。
特に新築物件で多いのがこのケースです。
そうなると、現在の家を先に売却してしまうと住むところが無く、その間、別の住宅を借りなければなりません。
賃貸が発生してしまいますし、引越し費用も2回分発生してしまいますので、新住宅を購入を先に行いましょう。

当社では、中古住宅リフォームを格安で行っております。
埼玉・東京付近の店舗リフォームや内装まで幅広く手がけております。
またクロス張替えやカーペット張り替え、原状回復工事も行っておりますので、内装リフォームのことなら当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!
メールでのお問い合わせは24時間受付中!



メニュー


東京埼玉のリフォーム工事ならエース・インテリア
モバイルサイト

定休日のご案内